ひんやりもっちり肌を作る、化粧水というモノ

※今回はおすすめの化粧水が出てくるわけではなく、使い方の話や概念的な話です。

 

スキンケア大好きなのですが、その中でも化粧水が一番好きです。

コットンにたっぷりとって、ひたすらパッティングします。ものすごく大量に使います。たまに外でメイクしてもらうと、ちょびっととって、顔をふきとるようにつけていただくことがあるのですが、私の肌にはあのやり方では確実に足りません。

目安は、顔がひんやりして、肌を触るともっちり吸いつくような感覚になるまで。

「ひんやり」と「もっちり」が両方ないとだめです。とろみ化粧水だと、偽もっちり感がすぐ出てきてしまって分かりにくい。

化粧水を冷蔵庫で冷やしているわけじゃないんですけど、ひんやりしてくるのが不思議です。打ち水効果みたいなものかしら?

ちなみにコットンは、液戻り重視でこちらを使っています。

シルコット うるうるコットン スポンジ仕立て 40枚入×3個

シルコット うるうるコットン スポンジ仕立て 40枚入×3個

 

 ぺらっぺらのスポンジ状のコットンですが、液戻り率はかなり高いと思われます。2枚に分けることができ、コットンパックもできるとの触れ込みですが、コットンパックは滅多にしません。

肌に優しい素材ではないので、摩擦に弱い方には合わないかもしれません。私もすぐ赤くなる肌ではあるのですが、強くたたいたりするわけでもこするわけでもないので、これで問題なく使えています。もう何箱リピートしたか謎です。

こんな感じで使用するので、とにかく化粧水の使用料が半端ない。メーカーの使用推奨量を軽く無視しています。

まあ自分に合っている気がするからいいやーと思いつつ、仲間はいないものかと考えていましたら、私の敬愛するブロガー様である棺にコスメ様も、化粧水をたくさん使用する派だということで!

僭越ながらリンクを貼らせていただきますのでぜひ。ヒツコス様の文章はとても面白くて読みやすいです。

www.hitsugicosme.com

 この記事を読んでDr. ウィラードも購入しました。最近はこれを化粧水の前にスプレーしてから化粧水パッティングしています。

また、私はコットンでつけるのが圧倒的に好きなのですが、その理由に「たぬきサマー」のシュシュ様の記事で気づきました。こちらも僭越ながらリンクを・・・。こちらも読みやすく軽やかな文章で書かれております。

miniroom.hatenablog.com

 熱がこもらない!そう!それ!顔がじっとり熱ぼったくなっているときって、中からシュワシュワ乾燥していくようなイメージで、すごくいやな感じがするんです。コットンで化粧水をしていると、それがなくなっていくし、最終的に「ひんやり」になるのがいいんです。

私はアトピーではないですがニキビがかなりひどい時期がありました。そのときは現在のようなスキンケアはしていませんでした。一方現在は、油断すると出てきてしまいますが、以前より食い止められています。

ニキビもアトピーと原因は違えど肌で炎症が起きている状態ですから、無意識にも熱を逃がすケアをしていたのがよかったのかもしれません。

 

化粧水って、肌に水分は入っていかないから必要ない!と言われたりしますよね。

でも上記のように、私の肌には必要なケアだと思っています。化粧水をちゃんとしているときとおざなりなときで、肌の状態が違うと感じます。どれだけパッティングしても、皮膚の最表層(角質層)までしか水分いってないかもしれないですけど、それでも明らかに違うんですから、意味がないとは思えないんです。

感覚的な話だし、はっきりとした客観的な数値で表すことは難しいですし、そもそもデータは私1人のみですから、これが他の多くの人でも当てはまるかどうかは分からないですけど、私個人にとっては、化粧水は絶対大事なものです。

これは化粧水の話に限らず、他のアイテム、ひいてはスキンケアそのものについていえる話だと思います。洗顔だけでお肌ぴちぴちな方も確かにいらっしゃいますし、そういう方にとってはスキンケアは必要ないわけで。その人それぞれのやり方があるはずです。

そうはいっても今回のようにお仲間がいたら嬉しいんですけど笑

アイテムについても、一万人がいいと言っていても自分には合わないかもしれないし、超マイナーなものが自分には運命のコスメかもしれないです。

それを探すのも楽しいです。それによってさらに美肌な自分に出会えるかもしれないという希望を持てるからでしょうか。だから、今のやり方が絶対合ってる!と思ってはいますが、視野を広くもって、いろんな人のお勧めの品や、お勧めのスキンケア法を知りたいです。身体もだんだん変っていきますしね。

現にブログを見るようになってから、雑誌ではお目にかかれないものにたくさん出会えて、肌の調子もさらによくなっていっています。

これからもいろんな方のブログに遊びに行きたいですし、私も僭越ながら、お勧めのものをご紹介できればと考えています。

本当はここから具体的なオススメ化粧水についても書く予定だったのですが、話がとっちらかったので次回に分けます。