ウィーン一人旅記録 準備編

さっそくご無沙汰しました。3日坊主!

 

その間に、遅めの夏休みをいただき、人生初の海外一人旅に行ってまいりました。

せっかくなので備忘録を兼ねてブログに書いておこうと思います。

 

今回の一人旅企画は、誰とも休みを合わせられなかったというヘマから発生しました。 ぼんやりしていたからであって、友達がいないからではない・・・はず。

国内旅行か、おこもりでのんびりも考えましたが、なんかぴんとこず、旅好きの友人達にも勇気づけられたこともあり、海外行きに挑戦することにしました。

行き先はオーストリアの首都、ウィーンにしました。4泊6日の旅です。

ウィーンには前から興味がありましたが、絶対行きたい!と企画したというより、治安がそれなりによく、街歩きが楽しそうで、ほどよく都会なところ、として考えた結果です。(これも旅好き友に勧められた)

 

まずは旅行前の準備編です。

 

 目次

 

1:飛行機

ウィーンには成田からオーストリア航空の直行便が出ています(一時廃止されてたのが復活したようです)。

しかし、行きはあえてANAミュンヘン経由の便を取りました。

企画段階ではとにかく不安いっぱいだったので、行きだけでも日本語が通じるJALANAで行きたかったのです笑

直行便の方が早いし、値段もそこまで安くないので、無駄に感じる方の方が多いと思います。

でも、おかげでミュンヘンまではあまりストレスなく行けたので、私個人としては正解だったと思います。

帰りはおそらく慣れているだろうと思い、直行便にしました。

 

楽天トラベルから予約しました。

 

2:ホテル

ホテルは立地と、ある程度以上のランクを求めて選びました。

せっかく海外という非日常に行くので、ちょっぴり豪華なところに泊まりたいですし、暗くなってからの移動は最低限にしたいという思いからです。

せっかくならザッハーに泊っちゃう!?とか思いましたが、あいにく満室。しかも高い。

というかかなりぎりぎりに予約していたので、割と人気のところは埋まっていました。

いろいろ探した結果、ホテル カイザーリン・エリザベートに4連泊することになりました。

小さなホテルですがかなりの老舗で、モーツァルトも宿泊したことがあるとか!?

4つ星で、いわゆる高級ホテル感はないとのことでしたが、写真で見る限り、歴史を感じさせる趣のあるお部屋。

立地はステファン大聖堂のすぐ近く。申し分なしです。

案の定人気で、スーペリアダブルの部屋しかなかったですが、気にせず予約。

 

こちらも楽天トラベルから、booking.com経由で予約しました。予約後、ホテル側から丁寧なメールをいただきました。空港からの送迎もあるとのことなので、お願いしました。

空港からホテルまでのアクセスはそう悪くはなかったのですが、夜着ですし、きっと疲れてぼんやりしているだろうから危険と判断しました。 

 

3:Google mapのオフライン地図

様々な方の旅行記ブログを読ませていただいたときに知ったものですが、非常に便利でした。

これは、前もって、目的地エリアの地図をダウンロードしておくことで、オフライン状態でも使用することができるというものです。なんと経路検索も使えます!

詳細なやり方はググっていただいたらすぐ出てきます。一度にDLできる範囲は限られていますが、旧市街地周辺は網羅できました。有効期間は30日間で、それを過ぎると再度DLが必要になるようです。

日本国内は非対応のようですが、幸いウィーンでは使用できました。

これは本当に知っておいてよかったです。いちいちWi-Fiの電源を入れることなく経路検索ができましたし、ガイドブックの地図をごそごそする必要もありませんでした。Google先生偉大すぎます。ありがとう。

 

4:アクティビティの予約

 日本からは

ウィーン少年合唱団のコンサートチケット

②オーケストラのコンサートチケット

③シシィチケット(追記:旧王宮と王宮家具博物館の入場券と、シェーンブルン宮殿のすべての部屋を見学できるグランドツアーの、入場時間の制限なしの入場券が一緒になったもの)

を予約しました。

②、③に関しては公式HPより予約。①に関しては、公式と値段が一緒だったので、VELTRA経由で予約しました(楽天ポイント目当て)。

ウィーンカードという、地下鉄乗り放題チケットと各種施設の割引がついているチケットもあったのですが、お得かどうか判断しかねたので購入せず。

現地ツアーも考えましたが、日程もタイトだし、知らん人ばっかりのところに行きたくないのでこれも見送り。

 

5:荷物

行ったのは9月末でした。幸い全ての日程で快晴で、日中はかなり日差しが強かったですが、朝晩はかなり冷え込みました。(日中もからっとしているので汗だらだらとかはなかったです)

トレンチコート+薄手のニットで過ごしていましたが、地元の人たちの中にはウールコートやダウンベストを着ている方もいました。

靴はスニーカーと、コンサートに行く用のパンプスを持って行きました。靴はかさばるから2足持って行きたくなかったですが致し方なし。

 

持ち歩き用バッグは、ちゃんと口の閉まるタイプのショルダーを持って行きました。

スリに過剰にビビりすぎて、

 

 

こんな感じのストラップ(これではないですが、同じようなもの)で、スマホをバッグにつなげておりました笑

まあまあださいですが、スマホをごそごそ探さなくていいし、落とさないし、便利ではありました。

 

化粧品は、ちょうど肌がかなり敏感になってしまっていたので、日本で使っているものをそのまま持っていきました。クレンジングはむこうで使い切って処分しました。

 

あとちまちましたもので便利だったのは

ジップロック(購入した小物やポストカードをまとめて入れたり、化粧品を入れたり。飛行機の持ち込みコスメ用にも)

・ビニール袋(洗濯物を入れたり)

・エコバッグ(スーパーで買い物したものを入れたり、日中暑くなったらコートを入れて持ち歩き。機内持ち込み用バッグにも流用)

・ペンとブロックメモ(お土産リストや旅程を作ったり、筆談したり)

・ウェットティッシュ

くらいかな?

スリッパも持って行ったんですけど、珍しいことにホテルに置いてありました。

 

6:Wi-Fi

いつも海外に行くときは、イモトのWi-Fiをレンタルしています。

Free Wi-Fiがあるところも多いですし(ホテルにはありました)、いらんかもとも思いましたが、今回は一人なので、すぐにスマホを使える状態にしておく方がよかろうと、今回も予約しました。ついでにマルチタップもレンタルしました。

特に繋がりにくいこともなく、サクサクつかえましたが、今回借りた端末は、充電ケーブルとの接続があまりよくなく、夜の間に充電できていなかったというトラブルがありました。安いものでもないし、そこはちゃんと点検しておいてほしかった。。

今回が初めてのケースだったので、めったにないこととは思いますが・・・。

 

 

 ===========================================================

日本からしていった具体的な準備はこれくらいで、あとはひたすら一人旅をされている方のブログを拝見してイメトレをしたり、犯罪情報などをチェックするなどネットサーフィンに勤しみました。

幸い危ないことはなかったですが、女性の一人旅ですし、用心をするに越したことはないと思います。

 

次回からは時系列に沿って旅程を書いていきます!